<< <平城宮跡>第1次大極殿ライトアップ 古都の夜空照らす(毎日新聞) | main | <改正道交法>70歳以上の死亡事故割合、10年で倍増(毎日新聞) >>

スポンサーサイト

  • 2010.06.18 Friday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


<大極殿>復元、内部を初公開 奈良・平城宮跡(毎日新聞)

 奈良市の平城宮跡で16日、復元された第一次大極殿の内部が報道陣に初めて公開された。花鳥画の第一人者で日本画家の上村淳之さん(77)=奈良市=が四神や十二支の壁画を描いたほか、儀式で天皇が着座した高御座(たかみくら)(高さ約7.5メートル)の実物大模型も設置されている。

 大極殿は奈良時代、天皇の即位など国家的儀式が行われた平城宮の中核的建物。文化庁が01年から復元整備を進め、当時の河合隼雄長官が上村さんに壁画制作を依頼した。

 上村さんは昨年10月ごろから、東西南北の天井と柱の間の白壁に、朱雀・玄武・青竜・白虎の四神や十二支を描いてきた。23日に大極殿完成記念式典があり、24日から平城遷都1300年祭の各種イベントが同宮跡で始まるのに合わせ、内部が一般公開される。

 この日はほかに、遣唐使船を復元展示し24日にオープンする平城京歴史館、疑似発掘や天平衣装を体験できる平城京なりきり体験館なども公開された。【阿部亮介】

【関連ニュース】
<関連記事>平城宮跡:第1次大極殿ライトアップ 古都の夜空照らす
<関連記事>よみがえる奈良の都/3 大極殿、朱雀門…平城のおもかげ再び
<関連記事>平城遷都1300年祭:古代の都ムード漂わせ 朱雀門開閉など衛士隊らが練習
<平城遷都キャラクター>愛称は「せんとくん」
<平城遷都民間キャラクター>愛称は「まんとくん」

伝統工芸を上海万博から発信 岩手をアピール「巨大南部鉄瓶」(産経新聞)
女性の上電車通過 すきまに体…無事(産経新聞)
<テレビ朝日>通販商品 放送と仕様が異なり商品を再発送(毎日新聞)
ライター規制で子供対策=5月中にも安全基準策定−不便さ、敬遠の懸念も・経産省(時事通信)
無担保で1500万円貸し付け=法務省所管法人、理事長に−報酬も同時期倍増・東京(時事通信)

スポンサーサイト

  • 2010.06.18 Friday
  • -
  • 07:31
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
sponsored links
リンク
携帯ホームページ
ライブチャット
携帯ホームページ
クレジットカード現金化 比較
債務整理・自己破産
selected entries
archives
recent comment
  • 「チャグチャグ馬コ」華やか装束の馬が行進(読売新聞)
    AtoZ (08/26)
  • 「チャグチャグ馬コ」華やか装束の馬が行進(読売新聞)
    リア充 (05/15)
  • 「チャグチャグ馬コ」華やか装束の馬が行進(読売新聞)
    粒あん (04/22)
  • 「チャグチャグ馬コ」華やか装束の馬が行進(読売新聞)
    リンデル (01/16)
  • 「チャグチャグ馬コ」華やか装束の馬が行進(読売新聞)
    桃医 (01/10)
  • 「チャグチャグ馬コ」華やか装束の馬が行進(読売新聞)
    オリンキー (01/05)
  • 「チャグチャグ馬コ」華やか装束の馬が行進(読売新聞)
    タンやオ (12/31)
  • 「チャグチャグ馬コ」華やか装束の馬が行進(読売新聞)
    ナーマソフト (12/26)
  • 「チャグチャグ馬コ」華やか装束の馬が行進(読売新聞)
    ポリエモン (12/22)
  • 「チャグチャグ馬コ」華やか装束の馬が行進(読売新聞)
    モグモグ (12/16)
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM